ホクロ除去

人は誰しも、自分の容姿について、何らかのコンプレックスを抱いているものです。
人から見ればチャームポイントに思えるものでも、本人にとっては、大きな悩みの種となっていることもあります。顔のホクロは、その筆頭でしょう。
目尻にできる小さな泣きボクロのように、位置や大きさによっては、その人の色気や魅力をアップさせるものもあります。ですが、大きすぎるホクロや、目立つ位置にできたホクロは、大きなコンプレックスとなることもあるのです。

美容外科では、ホクロを安全かつ綺麗に除去することができます。顔の造形を変えることだけが、美容整形ではないのです。
近年、美容外科クリニックでよく採用されているのは、電機メスを用いたホクロ除去方法です。手術の際には麻酔を用いるのが一般的なので、痛みはほとんど感じません。
手術が終わったとは、ホクロがあった部分に多少の赤みが残る場合があります。ですが、それは2~3ヶ月程度で薄れていきます。

メスで切るのが不安な人は、美容外科のレーザーでホクロを除去するという方法もあります。
ホクロの部分だけにピンポイントでレーザーを照射することができるので、周りのお肌にダメージを与えることはありません。治療中は麻酔を使うことが多いので痛みはなく、出血もほとんどないので安心です。
ホクロだけでなく、シミやそばかす、ニキビ痕なども、レーザーで除去することができます。ただし、症状によって適切な治療法は異なるので、美容外科のカウンセリングできちんと相談することが大切です。